八重歯について考える

八重歯について考える

こんにちは。グレイスデンタル仲宗根です

にこっと笑った口元からこぼれる・・・八重歯

日本では、

ガタガタは少々気になるくらい、

八重歯はかわいらしい、と思う方もいらっしゃるようですが、

実際のところ、どうなのでしょう?

最近、テレビを見て印象的だったのが、

お笑いのイモトさん。

八重歯でガタガタだったはずですが、

番組の司会を始めてからの彼女の前歯が、

以前よりきれいに並んでいたことです。

(彼女の場合、矯正ではなくて、歯を削って被せたようですが。。

 ご本人が番組でおっしゃっていましたね。)

 それにしても、


 被せものをするために、だいぶ歯を削ったでしょうし、

そもそも、

人工の歯ですと、将来的にお直しが必要となります。

 

もとの歯並びがとてもガタガタのため、

削っても、完全にまっすぐなきれいな歯並びにするには無理があったようですが

それでも、以前と比べると印象が随分変わりました

 


 

 八重歯は、欧米では、吸血鬼や邪悪な怪物のイメージとして定着しています

映画を見ていても、

邪悪で醜いキャラクターのほとんどが八重歯、がたがた、すきっ歯。。。などなど。

ヨーロッパだけでなく、実はアメリカも含む欧米社会は、

家柄や学歴などが重視される、とても保守的な面があり、

まずは見た目で判断されてしまうことがしばしば。

そのため、第一印象で損得をすることも多いので、相手に与える印象をとても重視しています。

アメリカを例にすると、

歯並びが悪いと、良い仕事に就くのは無理、

昇進も無理、

というのが暗黙の常識です

これは、

初対面の見た目で、

歯並びが悪いと、

不健康、育ちが悪い、貧困、不潔、身だしなみに気を使わない人→仕事ができない人

という、なんと人柄までも否定するようなイメージを抱かれてしまい、

仕事や対人関係に大きなマイナスとなってしまうからです。

また、見た目だけでなく、

歯を大事にしようという意識自体がとても高いです。

アメリカでは、日本のように健康保険制度が充実していないため、

歯の治療費がお高い
というのも理由のひとつ。

八重歯やガタガタの歯並びは、虫歯や歯周炎にもなりやすく、

その都度結構な治療費を負担するのは大変です。

長い目で見れば、ガタガタの歯並びよりも、

きれいな歯並びとかみ合わせをしていれば、

歯が長持ちしやすいし、医療費を節約できるということを理解している方が多いです。

このような社会ですので、欧米では、子供のうちから矯正を受けさせることがほとんどです。

多少、矯正費がかかったとしても、

その後の一生のスパンで考えると、

経済的にもよし、

また、社会的信用も得やすい

という考えが根づいています。

たとえば、子供のころ満足な治療を受けられなかったとしても、

ある程度の収入が得られれば、

まっさきに歯を治します。

きれいな歯並び、白い歯、明るい笑顔、

これがステータスの象徴でもあり、人生を左右する重要な要素と考えているからです。

一方の日本。

独特の「かわい」文化を持つとはいえ、、、

年齢とともに顔の印象も変化しますよね。

10代、30代、50代、

年を重ねたときも、八重歯をかわいいと言えるかどうか。。。

歯周病になっている可能性も高いです。

機能も美しさも保つために、

歯並びを直すということの重要性を考えて頂きたいと思います。

どんなに素敵なブランド品で装っても、ガタガタの歯並びのままでは、

いかがでしょう?

20081004192314_o.jpg

P2012_0229_144231.jpg

 

ちなみに、

どんなに高価な被せものも、

天然の歯と同等の美しさと機能を得ることはできません。。。。

 

被せものは、矯正に比べれば治療期間は短期間で済みますが、

 

将来的には、被せた歯の消耗や体の変化に伴い、

お直しが必要となります。

 

また、前歯だけの被せもので全体のかみ合わせを治すことは不可能です

 

もし今、

被せものか、矯正治療か、悩まれているのであれば、

将来的なことも考えて、よくご検討いただきたいと思います。

 

 

ところで、


 私は、アメリカだから医療が進んでいる、良い、という

考えではありません。

実際、アメリカの大学病院にも行きましたし、

各国の歯科事情について見聞きしたり、読んだりしたなかで、

どの国も制度により特徴がありますが、その中で、

日本の医療水準は先進国の中でも高いと思います。

学校保健の継続的な活動により、

戦後すぐに比べれば、国民の歯に対する意識も高くなったと思います。

ただ、各国民間の歯並びに対する意識に関しては、いまだに差を感じることもしばしばで残念に思います。。。

 

PAGE TOP
PAGE TOP