こどもの矯正について

こどもの矯正

こどもの矯正は、お子様の健やかな顎の成長を助け、歯並びも改善する治療です。

歯と顔の成長発育を知り尽くした矯正歯科専門ならではの安心の治療でお子様の歯並びの改善だけでなく、健やかで美しいお顔の成長へと導きます。

こどもの時期に矯正って必要なの?

A. はい。実は早い時期の矯正治療はとても重要です。「矯正治療」は金具とワイヤーで歯を並べるだけの治療ではありません。

こどもの矯正とは、歯並びだけでなく、顎の成長を整える治療です。歯並びの歪みは、顎・顔面の成長の問題と深く関係しています。

例えば、上下の顎の大きさや位置がずれていると、受け口や上顎前突になりますし、顎が小さいと、(お顔の大きさではありません) 歯並びがガタガタになり、生え変わりとともに不正咬合が進みます。

このように、顎の大きさや位置に問題があると、歯は歪んだ方向に生えます。

お子様の矯正治療は、お口の「成長」途中に行うことが重要です。

しかも早期の段階で改善し、正しい成長の方向に戻してあげることが大切です。

「もう少し永久歯が増えるまで待つ」というのは、間違った方向へ顎の成長発育が進んでしまい、とてももったいないことです。

成長発育を正常な方向に改善するためには、気づいた時点で早めに治療を開始することが望ましいです。

早い段階のうちに、歯が生えている顎の形(土台)を整えることで、本来あるべき顎の成長方向に戻すことができ、永久歯を正しい位置に誘導することができます。

当院の「こどもの矯正」では、「歯並びが崩れた”原因”から改善することで、後戻りしにくい、美しい顎の成長ときれいな歯並びを目指します。

とは言え、症状やご本人の協力度により、適切な開始時期は個々それぞれ異なります。ご相談の際はお口の状況をご説明し、治療の疑問や不安にお答えします。

もちろん無理に治療をすすめることはいたしません。

Q.いつから始める?準備矯正および小児矯正

A. 最適齢期は5歳〜7歳前後です。

受け口など骨格性の要素が強い場合は、3歳(乳歯列期)から始めることもあります。

未就学児の矯正治療はこちら

基本的には、「乳歯列期」~「混合歯列初期」までに行うことで好結果が得られます。(*混合歯列:乳歯と永久歯が混在する歯列)成長を利用する治療ですので、気づいたら早めの受診をおすすめします。

こどもの矯正は、「成長発育」を利用する治療ですので、気づいたら早めの受診をおすすめします。

10歳以降の「混合歯列後期」では、こどもの矯正の後、2段階目のワイヤー矯正(マルチブラケット矯正)に進む可能性が高くなります。

12歳以降(永久歯列期)では、お顔の成長が少なくなるため、こどもの矯正だけで好結果を得ることは難しくなります。その場合は、本格矯正治療(ワイヤー矯正)で歯並びを整える治療になります。

とはいえ年齢はあくまでも目安です。生え変わりや体の発育状況には個人差があるので年齢だけで判断するのではなく、トータルの状況を診察して判断いたします。

まずはご相談ください。

Q.こどもの歯並びが悪いのは遺伝?

A. 多くの歯列不正の原因は、舌や口周りの筋肉の間違った使い方などの習慣により起こります。必ずしも遺伝だけが原因ではありません。

多くの研究結果から、

  • ・間違った呼吸(口呼吸、お口ぽかん癖)
  • ・間違った飲み込み癖(舌癖)
  • ・指しゃぶりや唇を噛むなどの癖
  • ・悪い姿勢

によって、歯並びの乱れと顔の発育不正が起こることがわかっています。

つまり、装置をつけているだけでは根本的な治療にはなりません。

歯列不正を起こしている原因に対する治療も行われていなければ、装置を使わなくなった後、また元の歯並びに後戻りを起こしてしまいます。

歯並びが悪くなった原因に対する治療もしっかり。

良い口回りの筋力のバランスと正しい呼吸を身に着けることで 将来、ワイヤー矯正をしたり、抜歯矯正の可能性がぐっと減るだけでなく、 生涯に渡り、きれいな歯並びで長く健康な体でいられます。

お子様が楽しみながら治療に取り組めるよう、専門のトレーニングを積んだスタッフが、温かなホスピタリティでお子様をサポートします。

もちろん矯正装置もとても大事!

小児矯正治療の豊富な経験と技術を駆使して、お子様の個性と症状にピッタリの治療を提案いたします。

良い結果を得るために。当院では、変化に応じ、最適なタイミングで、最適な装置を使用することを重視しています。

小児期は変化に富む時期です。成長や矯正治療による変化に応じ、良いタイミングで、最適な装置に替えていくことも良い結果を導く鍵です。

矯正専門クリニック グレイスデンタルの小児矯正の特徴

  • 小児矯正の豊富な経験と正しい知識を持った矯正専門医が的確な治療を行います。
  • お子様にもわかりやすい説明で、ご本人のやる気を育てつつ、楽しく治療に取り組めるようにサポートします。
  • 歯並びが乱れた原因を改善し、自然で美しい歯並びと顎顔面の成長へ導きます。
  • 予防ケアもしっかり。ムシ歯のない健やかなお口の育成に力を注いでいます。

むし歯のない健やかなお口の育成にもしっかり取り組んでいます。

治療の際は、毎回クリーニングと歯磨きのアドバイスも行います。お子様にもわかりやすい伝え方で、ご本人がお口の健康に興味を持てるように治療を進めます。また、ご希望の方にはフッ素塗布を行っています。汚れを染め出し、専用機械を用いてご家庭では取れない細かな汚れもしっかり落としてからフッ素塗布を行います。シーラントなどの予防処置も行っています。

詳しくは予防ケアページをご覧ください

各年齢に応じ、使いやすさと質にこだわりの歯ブラシをセレクト!

いつもきれいな歯ブラシで、きれいな歯に。

診察の際に、毎回新しい歯ブラシを使用し、プレゼントいたします。

*多くの場合「こどもの矯正」だけで満足いく治療結果を得られますが、永久歯に生えそろった後、ワイヤー矯正治療に移行する必要のある場合もあります。

小児矯正のbefore & after

いずれも「こどもの矯正」のみの治療結果です。

Case 1 反対咬合

初診時(9歳) 小児矯正終了時 (12歳)

Case 2 上顎前突(口周りの筋機能治療)

初診時 (8歳) 治療経過 10か月後

Case 3 上顎前突(筋機能+顎成長コントロール)

初診時 (10歳) 小児矯正終了時 (12歳)

Case 4 叢生(ガタガタ)

初診時 (8歳) 小児矯正終了時 (12歳)

上記のすべての治療例は、主に取り外しのできる装置を使用して治療しています。

また、より良い顎の成長を促すために、その方に必要なお口周りの筋力バランスを整える治療も併せて行っています。

こどもの矯正の治療が終了した時点で、顎の成長だけでなく歯並びも改善されてきますが、中にはワイヤー矯正(第2段階目の治療)が必要な場合もありますので、こどもの矯正終了時に再検討します。

その他の治療例についてはこちら

PAGE TOP
PAGE TOP