未就学児の矯正治療

未就学児の矯正治療

まだ永久歯が生えていない時期から矯正治療を行った方が良いケースが存在します。

4歳前後の時点で、

  • 咬みあわせの異変
  • 顎が横にズレている
  • 受け口、出っ歯
  • 鼻呼吸できず口がいつも開いている
  • 指しゃぶり癖、舌がいつも見える

など、

乳歯列の段階で、すでに咬みあわせや顎の成長に歪みが見られるケースでは、早期に治療を開始した方が良い場合があります。

早期の治療が必要な場合でも、お子様なりに治療について理解でき、装置を使用するなど
ご本人の前向きな協力が必要となりますので、4歳前後以降の受診が適しています。

未就学児の矯正では、
ご本人にできるだけ負担の少ない取り外しのできる装置を使用します。

すべての方に早期治療が必要なわけではありませんので、気になったら、まずはご相談ください。

当院では、
いきなり長期的な小児矯正を開始するのは不安、という方向けに、
1装置ごとに料金をかけるシステムを設けています。

1つの装置を概ね1年ほど使用し、効果をみながら、次の治療に進むかどうか決めていきます。

また、本格小児矯正に進む場合は、これまでにかかった装置料金を小児矯正の基本治療費から割り引いて治療を継続します。

どうぞお気軽にご相談ください。

こどもの矯正についてはこちら

PAGE TOP
PAGE TOP