こどもの矯正 10歳

こどもの矯正 10歳

治療開始年齢 10歳

気にしていたこと:歯並び

使用装置:ワイヤー矯正(表側審美矯正:透明ブラケット)

治療期間:1年3か月、抜歯なし

こどもの矯正 10歳

かかりつけ歯科医で奥歯の歯並びの問題を指摘され、当院に来院されました。
ふだん、ぱっと見た感じでは気づきにくい部分の歯並びの問題です。
小臼歯が完全に内側に飛び出しているため、奥歯の咬み合わせに問題がありました。

<治療に使用した矯正装置はこちら>

表側審美矯正:透明ブラケット

こどもの矯正 10歳 治療6か月後

当院では、通常、こどもの矯正治療は取り外しのできる矯正装置で顎の発育管理を行うことが多いのですが、
この方の場合は、すべて永久歯に生え変わっており、咬み合わせの治療のために精密な歯の移動が必要でしたので、
固定式のワイヤー矯正で治療を行うこととなりました。

治療開始時

こどもの矯正 10歳 治療開始時

まずは、上顎の表側全体にワイヤー装置を装着し、さらに、奥歯の歯並びの治療のために、裏側にも補助装置を着けています。
この補助装置がないと、前歯が飛び出しながら歯並びが整うことになってしまい、「歯並びの良い出っ歯」になってしまいます。
このように、矯正治療を行う上で、歯の移動をコントロールするために、表側のワイヤーだけでなく、補助装置を用いることがしばしばあります。

<治療の経過>

こどもの矯正 10歳 治療経過

およそ6か月後、飛び出していた小臼歯が並んできましたので、裏側の補助装置を除去し、表側のワイヤー装置だけで治療を行います。
この時点で、下顎全体にもワイヤー装置を装着し、上下の咬み合わせの治療も進めます。
この方の場合、上顎の歯並びの問題が大きかったため、まずは治療に時間のかかる上顎にだけ装置をつけ、その後、下顎に装置を追加しました。
固定式の装置は汚れが溜まりやすくなるので、できるだけ、お口の中に固定式の装置がついている期間をできるだけ短くするようにします。

治療開始時

こどもの矯正 10歳 治療開始時

1年3か月後

こどもの矯正 10歳 治療後

非抜歯で、歯並びがきれいに整い、上下の咬み合わせが改善されました。
前歯が飛び出すことなく美しい歯並びになり、口元の表情に影響なく奥歯の咬み合わせが改善されました。

いつも素敵な笑顔が周りを明るくするような方で、矯正装置を外した後、思いっきりハイチューが食べられる!と、とても喜んでいた姿が印象的でした。
もちろん、歯みがきも頑張っていらっしゃいますので、むし歯はありません。