男性 20代 凸凹 ハーフリンガル

男性20代 凹凸 ハーフリンガル

治療期間2年0か月

抜歯矯正:4本抜歯

装置:裏側矯正(上は裏側矯正、下は表側審美矯正)

男性20代 凹凸 ハーフリンガル

顎の大きさに対して歯のサイズが大きく、歯並びに影響が出ていました。
このまま無理してワイヤーで並べると口元が出てしまいますし、治療後の安定性に欠けると判断し、抜歯して矯正治療を行いました。

男性20代 凹凸 ハーフリンガル

歯並びが良くなっただけでなく、お口の動き方も良くなり表情が豊かになりました。

<治療に使用した矯正装置はこちら>

上だけ裏側、下だけ表側の矯正治療をハーフリンガルといいます。
上下ともに裏側矯正で治療するよりもリーズナブルに行えるので、人気の矯正治療法です。

男性20代 凹凸 ハーフリンガル 装置

裏側矯正は、ご自身で装置を目視しにくいので、歯磨きにはコツと慣れが必要となります。
どの装置の場合でも、毎回の治療時に、個々の患者さんの歯みがきのクセをみて、その方に合った歯磨き法のアドバイスを行います。

初診時

男性20代 凹凸 ハーフリンガル 装置

治療終了時 2年0か月後

男性20代 凹凸 ハーフリンガル 装置