男性 10代 反対咬合

男性10代 反対咬合

治療期間2年8か月

非抜歯矯正(抜歯なし)

装置:セラミックブラケット+ホワイトワイヤー、 アンカースクリュー併用

男性10代 反対咬合

下顎全体が前にずれた咬みあわせ、反対咬合の患者さんです。

男性10代 反対咬合

上下の歯列が狭く、歯が並ぶスペースが不足していたために、ガタガタも目立ちました。
上顎が狭いと、舌を収納するスペースが狭くなってしまうという問題があります。
舌の居場所が狭いことで、睡眠時に舌が喉に落ち込み、いびき(睡眠時無呼吸症候群)を起こしたり、滑舌が悪くなってしまうなどの問題を生じます。

この方の場合は、横幅を広げつつ、下顎全体の歯を後ろに移動する治療を行いました。
歯列全体を後ろに移動するための補助器具として、アンカースクリューという器具を使用しました。

<治療に使用した矯正装置はこちら>

表側審美矯正

男性10代 反対咬合

咬みあわせを調整するために、食事以外の時間は取り外しのゴムを患者さんご自身でかけて頂きます。
お食事の際は外します。

男性10代 反対咬合

下顎が後ろにさがり、お口が閉じやすくなりました。

治療前の舌や口周りの使い方がそのままでは、せっかく美しく機能的になった歯並びが後戻りを起こしてしまいます。
おとなの治療でも舌やお口の正しい動きを身に着けるためのトレーニングは必要です。

男性10代 反対咬合

歯並びだけでなく、お口の動きも良くなりました。

初診時

男性10代 反対咬合

2年8か月後

男性10代 反対咬合
HOME
その他の治療例についてはこちら

PAGE TOP
PAGE TOP