女性20代開咬 表側審美矯正

女性 20代 開咬 表側審美矯正

治療期間2年5か月

八重歯とかみ合わせを気にして来院されました。

奥歯は咬んでいるのに、前歯が咬み合わない状態を「開咬」といいます。

開咬の患者さんでは、舌の使い方が正しく行えておらず、それが開咬の原因となっていることが多く見受けられます。

矯正治療と同時に、原因となるお口の癖も同時に治していかなければ、また後戻りを起こしてしまいますので、筋機能治療も同時進行で行います。

この方の場合は、歯並びと噛み合わせを改善するために上下の小臼歯を4本抜歯し矯正治療を行いました。

お口の筋力バランスを整えるトレーニングもよく取り組んで頂き、全体的に良く咬み合う、美しい歯並びになり、表情もとても豊かになりました。

初診時

2年5か月後