女性 20代 凸凹 表側審美矯正

女性 20代 凸凹 表側審美矯正

治療期間:1年4か月

非抜歯矯正:抜歯なし

装置:表側審美矯正

女性 20代 凸凹 表側審美矯正

前歯の歯並びを気にされていました。
この方の場合は歯を抜かずに、ワイヤー矯正で治療を行いました。

女性 20代 凸凹 表側審美矯正

<治療に使用した矯正装置はこちら>

表側につける目立たない矯正装置で治療を行いました。
セラミックブラケット+ホワイトワイヤーです。

女性 20代 凸凹 表側審美矯正

上下の歯がきちんと咬みあうためには、
歯が生えるためのスペースも大事なのですが、上の前歯と下の前歯の大きさのバランスがとれていることも必要です。大きさのバランスが異なる歯を並べるだけでは上下の咬み合わせがきちんと合わないことがあります。

女性 20代 凸凹 表側審美矯正

この患者さんの場合、下の前歯に比べ、上の前歯(横の前歯)が細く小さいため、
上下の大きさのバランスをとることが必要でした。
つまり、下の前歯のサイズ調整をしたのですが、1部位につき削る量はごくわずかなので、歯の形は見た目にはほとんど変化がありません。

歯のサイズ調整のことを、IPR、ストリッピング、隣接面削除などと言います。
歯を削るということですが、削るのは、エナメル質というとても硬くて、知覚のない部分のごくわずかな量を減らしますので、まったく痛みはありませんし、その後歯が弱ることもありません。

治療前

女性 20代 凸凹 表側審美矯正

治療終了時 1年4か月後

女性 20代 凸凹 表側審美矯正

矯正治療をきっかけに、歯みがきやお口の運動などお口のケアに目覚め、歯並びだけでなく、歯茎も健康な状態になり、お口の状態が変わっていく様子を楽しみながら治療を受けていらっしゃる姿が印象的でした。

HOME
その他の治療例についてはこちら

PAGE TOP
PAGE TOP